山梨コロナ女性画像。 山梨帰省の20代女性濃厚接触者に陽性反応を出してしまう55号

【炎上】山梨コロナ女性の個人情報ネット拡散した人が逮捕か / 犯罪性あれば警察に情報提供「弁護士と人権救済」 | バズプラスニュース

山梨コロナ女性画像

虚偽報告判明!知人に暴露される 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて 知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 引用元: 元々女性はPCR検査の結果が出る前に、5月1日夜に東京へ帰ったと虚偽の報告をしていました。 しかし、女性の知人からこの情報が 「嘘」であるとの情報提供があったのです。 感染女性は 陽性だと分かっていながら、高速バスに乗り東京に帰ったのです。 さらに、家族も女性と同じ虚偽申告。 陽性判明後に東京へ帰宅した理由が「犬」 帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は 「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 引用元: 陽性と分かっていながら高速バスを使って東京へ帰った理由が「飼い犬」。 そもそも4月29日に山梨県へ行っていて、既に4日経っています。 その間、犬は放置していたことになります。 「犬が心配だった」?どれだけ飼い主の帰りをひとりぼっちで待っていたか。 この理由には疑問が残ります。 5 月 1 日 帰国者・接触者相談センターに相談• 富士急イランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅• 現在の症状はなし 感染女性が症状が出ていながら実家に帰り、BBQをしたことで家族や友達だけでなく、友達の家族や職場の人にまで感染が広がる恐れがありますよね。 さらに高速バスを利用しているので、感染源は至る所に行っていることになります。 味覚や嗅覚の症状があれば、これだけコロナに感染している人の症状にこの2つも明らかになっている中で、「もしかしたら…」と考えるのが当たり前。 「違うかも」ではなく「感染しているかもしれない」と思うことが大事。 感染を広げないためにどう行動すべきか、自分の行動に責任を持つ必要があります。 ただ、この情報の真偽は不明です。 今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。 追記していきます(続く…).

次の

山梨に帰省の女性の名前/顔画像特定か?「個人情報出しすぎ」爆サイで拡散中

山梨コロナ女性画像

とんでもないクラスターが現れました。 今ネットを中心に話題になっているのが東京都に住む20代の会社員女性で、なんと新型コロナウイルスの症状が出ているにも関わず実家のある山梨県に帰省。 職場の同僚に要請検査が出たためPCR検査をし陽性が確認。 当時のニュースではPCR検査の結果を待たず自宅のある東京に帰宅したと報道がありました。 しかし、この情報は嘘だったことが明らかになりました。 1日(金)に夜行バスに乗って帰京したということでしたが、実はバスに乗って帰京するために乗ったのは2日(土)のお昼だったと言います。 PCR検査で陽性反応が出たにも関わらず、バスに乗り帰京したと言うのです。 信じられません!! そんな中、「山梨テロ女」として今騒がれている女性が乗ったバスに乗車していたという女性が陽性反応が出たとして自身のTwitterにツイート。 一体どのようなツイート内容だったのか。 詳細を紹介しながらSNSネットの反応についても調査していきたいと思います。 山梨コロナ女に移された女性のツイート内容は? 山梨コロナ女が乗っていたバスに乗車していたという女性が、自身のTwitterにて陽性反応が出たという旨をツイートしていました。 こちらがそのツイート内容になります。 このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 — まな pogy156 山梨コロナ女が乗っていたバス会社が文書を出し「当該バスにご乗車になったお客様におかれましては、健康状態に不安のある場合には、最寄りの保健所にお問い合わせください」と言っています。 感染したという女性はこの文書を載せ「このバスに同乗してました。 そして私も本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 」とツイート。 アカウントを見てみると、どうやらこのためにアカウントを作成したらしいです。 優しい言葉、励ましの言葉かけていただきありがとうございます。 お一人お一人お返事したいのですが、かなりの量になってしまうのと呼吸が苦しいのでこちらツイートをお返事の代わりとさせてください。 感染してしまい本当に悔しいです。 皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします — まな pogy156 また続けて「感染してしまい本当に悔しいです。 」とし、「皆様のお力で山梨コロナ女を刑務所に入れてください。 お願いします」とツイートしていました。 こちらの女性はまなさんという方のようです。 山梨コロナ女に移された女性の感染ルート行動歴は? Twitterに「本日コロナ陽性となりました。 山梨コロナ女を絶対許しません。 」というツイートをしたまなさんという女性の感染ルートや行動歴を見ていきましょう。 現時点では残念ながら詳しいルートや行動歴は明らかになっていません。 ただ一つ言えるのは山梨コロナ女が乗っていたバスに乗っていたということです。 ではここで、山梨コロナ女が実際に乗っていたバスの時間を調べてみましょう。 まず東京から山梨にある実家に向かったのは4月29日(水)でした。 15時15分に「バスタ新宿発」のバスに乗り、17時29分に「山中湖朝日丘」へ到着。 そして帰省ですが、報道当初は5月1日(金)に帰京したと言っていましたが実はこれは嘘で、実際に帰京したのは5月2日(土)でした。 乗車したバスは9時25分「山中湖朝日丘」発のバスで、11時55分に「バスタ新宿」に到着したと言います。 行きか帰りかどちらかのバスにこの女性が乗っていたのでしょう。 まみという女性は一体なぜ、バスに乗車したのでしょうか。 気になっている人は多いのではないでしょうか。 この投稿に返し、まみさんはこう返信しています。 あなたは友達が死んでも見送らないで自粛するんですね… — まな pogy156 どうやら友人のお葬式に出席するためにバスに乗っていたとのことでした。 コロナ女とバスに乗っていた他の乗客への感染は? 山梨コロナ女が乗車していたバスに乗っていた女性に陽性反応が出たということで、心配されるのはこれ以上の他の乗客への感染です。 現時点では同じバスに乗っていた乗客への感染は見られません。 ですが、後日感染が発覚するかも…。 数日は様子を見ていた方がいいでしょう。 山梨コロナ女にコロナを移された女性についてSNSネットの反応は? では最後に、SNSネットの反応を見ていきましょう。 コロナって感染したら著しくバカになるの?それとも元々救いようのないバカなの? — 競馬場の中心で、それ4をさけぶ triplecrown2019 マジで山梨のコロナ女特定はやべえぞ。 クソ女なのは間違いないんだ。 — いその isono15 Twitterにて反応を調査してみると、「テロと変わらない」という山梨コロナ女に対して否定的な声が多く投稿されています。 また、今特定班により名前や顔画像がネットに出回っているようで、「終わったな」「やばい」といった声も投稿されていました。 まとめ 陽性反応が出たにも関わらず三密を防ぐことが難しいバスに乗車しウイルスを撒き散らしたとされる山梨コロナ女…。 恐ろしいもので、報道はされていませんがネットで名前と顔がさらされているようです。 (確かな情報ではないのでここでは紹介しません) 身勝手な行動をすると多くの人を困らせるということ。 そして自分もバツを受けることになることが今回分かったのではないでしょうか。 二度と、このような事態にならないことを祈ります。

次の

【爆サイ】山梨コロナ女性の名前や顔画像を特定か?

山梨コロナ女性画像

高速バスで実家に行ったというだけで「私刑」される社会に、日本はなりつつある。 その行動が問題視されている。 ネットでも「同情の余地は一切ない」「もはやテロリスト」「もう逮捕でいい」といった声が上がっている。 まず、県の発表を見てみると、以下のように「症状・経過」と「行動歴」が記されている。 6 症状・経過 4月26日~ 味覚・嗅覚異常。 5月1日 帰国者・接触者相談センターに相談。 帰国者・接触者外来を受診。 5月2日 PCR検査の結果、陽性判明。 現在、自宅で待機中。 現在の症状はなし。 7 行動歴(発症前 2 週間以内の渡航歴:なし) ~4月28日 東京の勤務先に出勤。 4月29日 高速バス 15:15 バスタ新宿発山中湖旭日丘行、京王バス で県内の実家に帰省。 新宿で乗車、富士急ハイランドバス停で下車、親族の運転する自家用車で帰宅 4月29日~5月1日 友人 56例目 と複数回接触。 4月30日 県内の友人宅でバーベキュー。 5月1日 整骨院を受診。 友人とゴルフ練習。 5月2日 高速バス 9:25 山中湖旭日丘発バスタ新宿行、京王バス で帰宅。 富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅 出典:新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内55例目) 高速バスの移動と友人との接触により感染が広がったことが記載されているのはいいとして、友人宅でバーベキューしたことや、整骨院に行って、ゴルフをしたということは、新型コロナの感染予防という観点から言えば発表する必要がなかったのではないか。 濃厚接触者が11人中10人が陰性だったということを発表すれば済むことだ。 ちなみに、山梨県の発表でここまで詳細に行動歴が記載された例は他に見当たらなかった。 県は後になって女性への批判や中傷が「インターネット上で」起きていることに対して、「女性や家族に配慮してほしい」としている(参照)。 が、そもそもが行動歴をここまで明らかにしなければ済むことだった。 また、ネット以上にテレビなどのマスメディアでの報道が、批判へのトリガーになっている。 例えばUTYテレビ山梨は、県の発表をそのままストレートニュースとして報道している。 都内と山梨の実家を往復した20代女性の新型コロナ感染者の濃厚接触者 11人中10人が陰性 ゴルフの練習をしていたことが判明 (UTYテレビ山梨) ネット配信の記事に関しては、同局のサイトだと「新型コロナ感染者の濃厚接触者 11人中10人が陰性」となっている。 つまり、Yahoo! ニュース向きにタイトルを変えている。 明らかにネットでのアクセスを意識した変更と言えるだろう。 この記事を発端にTwitterなどのSNSで陽性女性への批判が増えているから、その試みは(悪い意味で)「成功」したことになる。 さらに、デイリースポーツは5月4日に「山梨・女性が感染判明後に高速バス、虚偽も…TV一斉報道、ネットに厳しい声多く」とテレビ局の報道とネットでの反応のまとめ記事を配信。 最近、テレビ朝日『モーニングショー』のまとめ記事を出すことが日課のようになっているスポーツ報知に至っては、コメンテーターの玉川徹氏が「自分の車で帰るとかだったらいいのかもしれないですけど、公共交通機関を使うという事も問題点。 もしかすると、法律でそういう風な事に対しては、罰則がある法律を作ってもいいのかもしれないですね」という発言をタイトルに入れている(参照)。 ここで、この女性を擁護する意図はない。 だが、犯罪を犯したわけでもないのにテレビ各局が時間を割いて報道して、それがネットでのバッシングを呼び起こしているというのは明らかにやりすぎだ。 移動の制限といった法律を提唱するなど論外とはいえ、まるでロックダウン(都市遮断)を国民が望むようにマスメディアが誘導するというのは、それこそ政府・行政の私権の制限を容認する空気を醸成しかねず、非常に危険だ。 今回の一件は、一見ネット上での「私刑」の広がりが問題視されている(少なくとも山梨県はそう呼びかけている)ようでいて、実はメディアが率先して「私刑」を行いさらに煽るという構図になっている。 もっと言うならば、新型コロナでひとたび陽性と判定されたならば、誰しもがプライバシーを配慮されなくなるということだ。 本来ならば「自粛」という言葉で行動の自制を「お願いする」という行政の姿勢について議論すべきところを、叩きやすいところを叩いて、視聴率なりアクセス数を稼ぐというメディアの「暴力」を目の当たりにしていると感じるべきだろう。 【引用おわり】 どのような意見を持っても自由なので、他人の意見に反論するのは心が重いものです。 しかも、ブログに取り上げさせて頂いて「反対です」というのは失礼極まりない行為であると自覚していますのでかなり迷いましたが、この藤井さんの意見に対する私の意見は「別の視点もあります」というモノなので「セーフ」かなと自分で判断しました。 まず、今話題の山梨の女性は「犯罪を犯したわけでもない」ので、みんなで批判するのはやりすぎだ。 というご意見ですが、批判する批判しないというのは個人の自由です。 それと彼女は、刑法上の犯罪を犯したわけではありませんが、故意による危険の無視により他人に感染させるという犯罪《的》行為をしたのです。 つまり「最悪の場合死に至るコロナに他人を感染させるかもしれないけれど、自分は楽しみたい。 だから、人が感染してもいいや」という行動をしたのです。 いうなれば、ブレーキが故障しているのを知っていて、運転して事故を起こして他人を負傷させた事と、本質的には同じです。 泥酔していながら、車を運転した事と同じです。 2006年福岡で泥酔して運転して3人の子供が死亡する事故が発生してことによって、「このような危険な運転は許しておけない」という世論が盛り上がりました。 そして、危険と解っていて危険な運転をした場合には、過失致死ではなくて危険運転致死に問われるようになりました。 ただ、コロナ感染の場合は、危険を承知で他人に感染させても罰則がないので、刑法上の犯罪を犯したとは判断されません。 けれど、「危険を承知で」という所は同じなので、福岡泥酔運転3児死亡事故と同様に、世論が激昂しているのです。 また、「新型コロナでひとたび陽性と判定されたならば、誰しもがプライバシーを配慮されなくなる」というご指摘ですが、それでは「プライバシーを守るためなら感染が広がっても良いのか」という現実的問題が置き去りにされています。 韓国は徹底的にプライバシーを公表する事によって、発熱した人その場にいた人などが不安を覚えて検査に殺到した事で、感染を収束させました。 これに対して日本はプライバシー保護法によって、感染者が勤務するナイトクラブ等の店名を公表できなかったために、何も知らずに客として訪れた人達が次々に感染して死亡者も出ました。 そして結局は「店名を公表できないがゆえに、ナイトクラブは全部危険だから行ってはいけない」になったのです。 そしてこの山梨の事案では彼女が乗ったバスなどが特定できるので、そのバスに同乗していた人達がもし発熱などをしたら、保健所でも危険だとしてすぐ検査の手配がとられるでしょう。 早ければ早いほど2次感染3次感染は止められる可能性が高くなります。 コロナの感染問題が発生してからこの数か月の間に、日本社会は 「プライバシーを守るためなら感染が広がっても良いのか。 そして結局は誰もが働けなくなって、経済を破綻させても良いのか」という問題を突き付けられて、苦悩し続けてきたのです。 そして、今になって知事の要請に従わないというだけでパチンコ店の店名が次々に公表されるようになりました。 つまりは、「感染を広げないためには、プライバシーに配慮しすぎるべきではない」と、人々の意見が集約しつつあるのだと思います。 ただ 今の日本人が皆「叩きやすいところを叩いて、視聴率なりアクセス数を稼ぐというメディアの『暴力』を目の当たりにしている」と感想を述べられている所は、全く同感です。 いくら叩いても叩き返すことができない・政府を叩いて視聴率を稼ごうとするメディアの手法は、まさしく『言葉の暴力』であるからです。

次の